カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。

「おれせか。ショートストーリー 」カテゴリ記事一覧


おれせか。39



海斗「……………」



ポーン


生徒「おおーい海斗!ボール行ったぞー!」


海斗「…………」


生徒「海斗ぉ!危なっ」

海斗「え?」


ガンっ


海斗「うごっ!?」


タッタッタッタ


生徒「あーあーなにやってんだよ…ぼーっとしてんじゃねーよ。大丈夫か?」

海斗「お、おう……悪い」

生徒「……まぁ仕方ねえか。やっぱり気になるんだろ?あの娘のこと」

海斗「……いや、別にそういうわけじゃ」

生徒「またまたぁ!いーんだよ隠さなくたって!朴念仁森山にようやく春が来たってもっぱらの噂だぜ?」

海斗「はぁ?誰がんな事言ってんだ?」

生徒「主に俺!」

海斗「いい度胸だなキサマ」

生徒「だってよー竜崎が来てからお前変なんだもん。まぁまだ1日目だけどサ」

海斗「そうかねぇ…そうか…」

生徒「んでも竜崎ってカノジョにしたいタイプかってーと別だよなー!どっちかっつーと妹にしたいタイプっての?お兄ちゃんとか呼ばれたい感じじゃね?」

海斗「んー………わからなくもない…」

生徒「はっ!そうかおまっ…今まで朴念仁を演じてきたのはやはり本性を隠すためで…実はロリコン…」

海斗「言うほどロリでもねえだろ」

生徒「レイセーイ」


海斗「…………」


ちらっ



女生徒「竜崎さん!お願いッ!!」

ユイ「任せてくださぁぁぁうおおおおお!」

ズッシャアーーーー!!!

バァン!!

女生徒「す…すっげえ全力…な、ナイスレシーブ!!」



海斗「……」

生徒「それより海斗ぉ」

海斗「……あ?」

生徒「聞いたか?Dクラスの転入生の話!」

海斗「いや、聞いてないな」

生徒「なんでもすっげえスタイルの転入生らしいぜ?おまけに顔もイイときた!どうする?昼休み見に行く?見に行くだろ?」

海斗「えーいいよめんどくさい」

生徒「興味ないだと!?や、やはりお前…ロリコン伯爵…」

海斗「すぐにでも見に行くか」

生徒「そんな海斗がスキ」
スポンサーサイト
今日も読んでいただきありがとうございますっ!!★彡

おれせか。38


スタスタ


ロン毛「な、なるほど、ルームシェアか…」

茶髪「さささすが留学生だな。時代を先取りしてるぜ」

聖「………」

ジンキ「やっぱりこの国じゃ一般的じゃないんだな」


レティ「ねージン」

ジンキ「なんだ?」

レティ「アタシの下着、ジンの部屋に忘れてない?黒のヤツ」

ロン毛「んなっ!?」

茶髪「下着!?」

ジンキ「ああ、そういやあったな」

ロン毛「そんな堂々と!?」

茶髪「つつ、つまりそーいうこと!?」

ジンキ(確か昨日洗濯物を畳んだのはレティだったよな。俺の洗濯物の中に紛れ込んでたなそーいや)

ロン毛「な、なあ真奥、コイツとはその…『そーいう関係』なのか?」

レティ「ん?んーまあそうね。でもそんな深い関係じゃないわよ?言うなれば『フレンド』ってとこかしらね」

茶髪「……ふ、フレンド…」

ロン毛「……やっぱガイジンは進んでんな…」

ジンキ(………?なんでそんな驚いてるんだ…友達って意味だろ…?)

レティ「昨日だってねえ…何回やった?5回戦?6回戦?」

茶髪「お、オイオイオイそこまで……?」

ジンキ「いや、確か10回戦以上だな」

ロン毛「そんな余裕たっぷりとっ!?」

レティ「だって…ジンが全然離してくれないから…」

ジンキ「何言ってんだ。せがんで来たのはお前じゃないか」

ロン毛・茶髪「…………」

ジンキ(こないだ買った格ゲー、レティもハマってたもんな、お陰で夜通しやっちまった…かろうじて俺が勝ち越したけどな!)



ロン毛「だ、ダメだ………」

茶髪「俺たちじゃとてもとても…」


ジンキ「……?」



ロン毛・茶髪「「うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」」


ダダダダダダダダダダダダ


ジンキ「…………なんなんだアイツらは」

レティ「まぁ一言で言うならお子ちゃまね」



聖「……じ、ジン」

ジンキ「む?なんだ聖?赤い顔して」

レティ(お……この娘…)

聖「い、今の話は…」

ジンキ「今の話?俺とレ…真奥が夜遅くまでゲームをやってた話か?」

聖「へ?」

レティ(あちゃー)

ジンキ「それとも俺の洗濯物に真奥の下着が紛れ込んでた話か?、あ、いや…ここでそんな話をするのはいささか下品ではあるか……」

聖「~~~~~~っ」

ジンキ「ひ、聖?」



聖「ま、真奥さん!!」

レティ「んん~?なーにかにゃ?」

聖「ご、誤解を生むような発言はやめていただきたい!!」

レティ「別にウソはついてないけどねん。聖たんはどんな想像をしたのかにゃ?」

聖「んなっ!?……べっ、別に変な想像など………!?」

レティ「そんな顔を赤くして説得力ないゾ☆」


聖「~~~~~~っ!!じ、迅っ!!」


ガシッ


ジンキ「お、おおっ!?」


聖「い、いい行くぞ!そろそろ戻る時間だっ!ま、真奥さんも!早く教室に戻るんだ!」


ズルズルズルズルズルズル


ジンキ「いででででででででで今日の女性達の扱いは乱暴すぎやしないかぁぁぁぁぁ」






レティ「ふふ……相変わらず退屈させないなぁアイツ…あの娘もからかい甲斐があるし…面白くなってきたかも」










ズルズルズルズルズルズル



ジンキ「あ、あのー聖…?」

聖「…………」


ドサッ


ジンキ「おっ」

聖「…………」

じーー

ジンキ「な、なんだ?俺の顔に何か?」


聖「…………なぁ」

ジンキ「お、おう?」


聖「……迅は一体、何者なんだ?」

ジンキ「え…」



聖「………………」

ジンキ「……………お、俺は…」





キーンコーンカーンコーン………



聖「……すまん。戻ろうか、迅」


ジンキ「…………ああ」








聖(い、いかんな。何を私はやっているんだ…迅と出会ってからペースを乱されっぱなしだ…い、いつもの私に戻らなければ…)
今日も読んでいただきありがとうございますっ!!★彡

おれせか。37


スタスタ


聖「…………」


ジンキ「……ふむ、そろそろ一周できたかな。見覚えのある景色になってきた」

聖「…………」

ジンキ「…………」

聖「…………」

ジンキ「……えと、ひ、聖」

聖「あ……え?」

ジンキ「あの……す、すまない…」

聖「……へ?…な、なぜ謝る?」


ジンキ「そ、その……様子がおかしいのは…俺のせいなのではと思ってな」

聖「…………」

ジンキ「な、何か気に触る事があったのか?よ、良かったら教えて欲しい。せっかく友達になれたっていうのに…聖を落ち込ませたくないんだが…」



聖「…………ふっ」

ジンキ「…お…?」

聖「……いや、謝るのはこちらの方だ。別に迅は気に触るようなことはしていない。そうだな…少し、そう少しだけ、混乱していたのかもしれない」

ジンキ「そ、そうか…本当に大丈夫なのか?」

聖「……ああ。大丈夫だ。迅の顔を見たら、不思議と落ち着いたんだ」

ジンキ「俺の顔…?」

聖「うん。…迅もそんな慌てたような顔するんだな、と思って」

ジンキ「???」

聖「最初に会った時から…迅その…クールというか、表情が変わらないというか…ああ!別にそれが悪いと言ってるワケじゃないぞ!」

ジンキ「…お、おう」

聖「だから迅がちょっと慌てたのを見て…なんか安心したんだ。うまく、言えないけれど…」

ジンキ「…そうか、安心するぞ俺は」

聖「ああ、安心してくれ」

ジンキ「……しかし、俺はそんなに表情が硬いのか」

聖「そうだな。まるでSFに出てくるアンドロイドのようだったぞ」


ジンキ「………………………………」

聖「…?どうした?今度はしかめっ面して」


ジンキ「………いや、なんでもない。なんでもないぞ」

聖「………?」






ダダダダダダダダ


ジンキ「ん?」





レティ「ジーーーーーーーンーー!!(はぁと」


ドゴォォォォン!!!



ジンキ「ふぐぅへぇう!?またかぁぁぁあ!?」



ズッシャアァァァァァァぁぁぁぁぁ!!!



聖「んなっ!?こ、今度はなんだっ!?」



レティ「ジぃぃぃん!会いたかったんだゾ☆」

ギリギリギリギリギリギリ

ジンキ「うごごごごごご俺の胴を絞めるのが流行ってんの?」



タッタッタッタッタ


ロン毛「うおっ!?何やってんだ真奥!?」

茶髪「う、羨ましい……」


聖「き、君達は…?」


ロン毛「あ、くく空天院さん?お、俺たちはそこで抱きついてる真奥に学園を案内するためにまわってるだけで…」

茶髪「へ、編入生なんです真奥は!!」


聖「そ、そうなのか…」







ジンキ(で、なんなんだよコレは?)

レティ(んふふ、アタシはこーゆーキャラでいこうかなと思ってるんだけど、協力してくんない?)

ジンキ(無理は体に良くないぞ。アクマといえど)

レティ(自覚はしてるけど他人に言われると腹立つわね)

ジンキ(あ、そうそうルームシェアしてることユイがバラしちまったぞ)

レティ(あ、そうなの…ふ~~~~~ん)

ジンキ(うわ、なんて嫌な予感がする笑顔なんだ)

レティ(アクマだからね。諦めなさい)






レティ「ねージン、今日の晩御飯なに?」


ロン毛「ばっ!晩御飯だと?」

茶髪「まっ!まさか同棲!?」


ジンキ「あ?あーそういやユイが唐揚げとマカロニサラダって言ってたぞ」

ロン毛「なんかもう一人女の名前が出てきたぞ!」

茶髪「まさかの二股!?」






聖(こ……この娘が……迅の……)
今日も読んでいただきありがとうございますっ!!★彡

おれせか。36



茶髪「んでさーそん時田崎なー」

ロン毛「だはは…アレは笑ったよなぁ!」

レティ「…………」




レティ「あ、あれなんだろ?」

茶髪「え?」

ロン毛「なになに?」







聖「…………ここは、図書室だ。…置いてある本の数はそこらの図書館では敵わないぞ。……ウチの学園の自慢の1つだ」


ジンキ「なるほど。かなり広そうだな」

聖「…………」

ジンキ「……なぁ聖」

聖「っ!?な、なんだ?」

ジンキ「……なんか元気がないようだが…大丈夫か?体調でも悪くしたか?」

聖「……!い、いや、そんなことは…」

ジンキ「さっきの男…か?」

聖「……っ」

聖(それも…そうなんだが……それだけじゃないような…

なんだ…?このモヤモヤは…)


ずいっ


聖「!!?」

ジンキ「無理をするのはよくない。保健室に行った方がいいかもな」

聖(ち、近いっ)

ジンキ「顔が赤いぞ?本当に大丈夫か?」

聖「だ、だ、大丈夫だ。心配するな」

聖(こ、こんな事をする男は初めてだ…一体なんなのだコイツは…!)

ジンキ「…………」








レティ「生徒か、男と女1人ずつみたいね」

レティ(てか何やってんのよアイツは…相手の子が困ってんじゃない…相変わらずデリカシーの欠片もない…)


茶髪「なぁ、アレ聖サマじゃね?」

ロン毛「あ、ホントだ。聖サマだな」

レティ「ひじりさま?」

茶髪「あの女の方だな。空天院聖。この学園の理事長の娘にして生徒会長だよ。とんでもねーお嬢様だ」

ロン毛「おまけに容姿端麗、文武両道、人当たりもいい完璧超人だ。あそこまでパーフェクトだと腹も立たねーよな」

茶髪「確かファンクラブもあったよな。会員数は4桁あるとかないとか」

ロン毛「マジかよ。そんな増えたのか」


レティ「ふーん…アンタ達もファンなの?」


茶髪「あー?まー確かにすっげえ美人だけどよ…なーんか近寄りがたいっつーか…生きてる世界が違うっつーか…なぁ?」

ロン毛「下手に近づくとファンクラブの奴らにフクロにされるしな」

レティ「…………」


茶髪「それよりあの隣の男誰だ?あんな奴居たか?」

ロン毛「背ぇ高えー髪もハデだな。ヤンキーじゃねえとしたら外人か?」

茶髪「もしかしたらアイツも編入生なんかな」

レティ「…………ふふ」


スタスタ


ロン毛「あっ!おい真奥!」

茶髪「どこ行くんだ?」
今日も読んでいただきありがとうございますっ!!★彡

おれせか。35



スタスタ


茶髪「へーじゃあ真奥はどこの国ってワケじゃなくていろんな国を渡ってんのか。すげーな」

レティ「別にすごくないよ…大変なだけ」

ロン毛「じゃー英語とかペラペラなの?」

レティ「話すのはできるけど…読み書きはあんまり自信ない。だから教えらんないよ?」

茶髪「なんだー残念ー!」



小渕「あ、あの…」

茶髪・ロン毛「「あ!?」」

レティ「なーに小渕?」

小渕「ここが…図画工作室です…美術とかの実習は…ここでやったりします」

レティ「へーそうなんだ。美術部とかもここでやんの?」

小渕「そ、そうです!ウチの学園の美術部は凄いんですよ!コンクールとか受賞いっぱいしてて…」

レティ「小渕は美術部なの?」

小渕「いや、違いますけど…」

レティ「あはは、じゃなんで小渕がテンション上がっちゃってんの?」

小渕「す、すみません…」


茶髪・ロン毛「「…………」」







茶髪「真奥は音楽とか聞くの?」

レティ「あんまし聞かないなぁ…この国に来てから間もないし」

ロン毛「じゃあさじゃあさ!休日とかはなにしてんの?」

レティ「一日中食ってる」

茶髪「な、何を?」

レティ「メシ」




小渕「あ、あの…」

茶髪・ロン毛「「あ!?」」

レティ「なーに小渕?」

小渕「ここが、視聴覚室です。道徳の時間とかに映像作品を見るときに使います」

レティ「へーそうなんだ。なんかシアターみたいだね」

小渕「そ、そうですね…あと…映画研究部とかも…ここで活動しています…」

レティ「あ、わかっちゃった。小渕、アンタ映画研究部員でしょ」

小渕「んな!?なんでわかったんですか!?」

レティ「だってあからさまに緊張したもん。まるで自分の部屋に人を入れるときみたいな感じ?」

小渕「え、映画研究部は…目立った実績とかがないので…」

レティ「ふふ、今まで散々他の部の実績自慢してたのに。いざ自分の部活は実績とかないから急に緊張しちゃったの?」

小渕「ち、違いますよっ!つ、次行きますよ!」

レティ「隠さなくてもいいのにー」


茶髪・ロン毛「「…………」」








茶髪・ロン毛「「おい」」


小渕「な、なんですか?」

茶髪「お前もう帰れよ」

小渕「え?」

ロン毛「帰れっつってんだよ。後は俺たちで案内すっから。お前は先戻ったって言っとくから」

小渕「で、でも…」

茶髪「あんだよ?文句あんのか?チョーシ乗んじゃねえよああ!?」

ロン毛「アイツがトイレ行ってる間にさっさと帰れよ?いいな!?」

小渕「…………わ、わかった」





レティ(やれやれ……節操のない作戦に出たか…どうしよっかな………ん…?なんか遠くに声が聞こえる…?)




ジンキ「……べ……に……そう………けい……じゃ……い……」


レティ(お…?コレは面白い事になりそうね…)
今日も読んでいただきありがとうございますっ!!★彡
楽しんでいただけたでしょうか?コメントはお気軽にどうぞ!(*′艸`)また遊びに来てくださいねっ★